【「早稲田大学 新卒」をどう使うか】母校のキャリアセンターで後輩に話をしたこと。話したかったこと。

「地域で頑張る先輩として、地域での働き方や魅力、どうしてその働き方に至ったのか話をしてほしい」という依頼を受けて、母校早稲田大学のキャリアセンターの「U/I/Jターンセミナー」で、Jターン代表としてお話をさせてもらいました。

 

早稲田の総長が基調講演をしたシンポジウムで、パネリストを務めたことで総長室長さんたちと知り合えたご縁でこのような素敵な場を頂けることになりました。

 

UターンやIターンはいても、Jターンしようかどうしようか悩んでいる後輩像がまったく描けなかったので、Jターンの魅力みたいなところとは別に自分なりにテーマを設けようとうんうん考えを巡らせているときに、早稲田大学の卒業生で後輩へ講演をしての所感をまとめた発酵デザイナー・小倉ヒラクさんの記事が目に止まり、読んでみて今の学生の全体像としてとても納得感をもって、すっと入ってきたのでこちらを参考に発表資料をつくりました。

 

現代は「あんまり将来に期待してない子」と「自分の手で未来をかえられる実感のある子」の二極化が激しい時代なのかしら。

安定を求めて昭和な人生ルートを選ぶことに疑問を持たず、まだ見ぬ自分の才能を半ば諦めている…という20歳の子たちは感性がないわけでははなくて。実は鋭敏な感性で「現実を直視したらアタマがおかしくなりそうだから過ぎ去ったはずの時代が永遠に続くことにしておこう」と自分に言い聞かせている。
うっかりその鋭敏な感性のセンサーを使って「これから来るべき日本の未来」を覗いてしまうことを恐れているのでしょうか?だからそのセンサーが誤作動しないように、過去のファンタジーで自衛している
二極化する20歳の世界観。早稲田大学で三年間講演をしてわかったこと。 | hirakuogura.com

 

大学4年でトビタテ奨学金留学(交換:韓国→私費:ドイツ)へ行き、帰国して数日で広島の離島の町役場で特別臨時職員としての1年間の勤務を決め、その後東京へ戻り復学したと思えば、離島での1年のうちにやった留学奨学金同期を巻き込んだイベントに国から地方創生加速化交付金というお金がついて事業化したので、またその島へ戻り、NPOでその公共事業に携わる...という改めて文字にすると意味の分からない先輩から伝えたかったことが20分の講演で後輩に伝わりきらなかった気しかしないので、不完全燃焼感を払拭すべく、書きます。

 

リスクをとる、それを楽しむ!

 

早稲田大学の後輩に伝えたいのは、「みんなもっと危ない道を進もうよ」ということ。

 

早稲田大学の中にいると、早稲田大学の学生にもちろん頻繁に会いますし、そんなコミュニティーにいたら、「早稲田大学の学生であるということ」は全く個性として機能しないのかもしれませんが、世間にでれば、「早稲田大学の学生であるということ」は割りとすごいことです。いわゆるいい学校の学生です。卒業すれば、いわゆる高学歴です。

 

多少失敗しても「早稲田大学の学生であるということ」あるいは「早稲田大学を卒業した人であるということ」はそれなりの身分を保証してくれます。

 

(注)早稲田大学出たからえらいんだぞと威張って欲しいわけではありません。

 

早稲田を出たということである程度の人物保障があるので、どんどん危ない道を行ったらいいと思います。東京で就職できないなんて、能力ないのかなって思われる心配だとか、地方での就職は「下る感じがする」なんてことは思わなくていいんです。

 

学歴がないことを馬鹿にする意図は全くありませんが、それでも学歴がない人よりは危ない道を進んでも、早稲田を出たという学歴がその後のある程度の保障になります。学歴を担保に早大生たちはどんどん未知を進んでいったらいいなあと思います。

 

とはいえ、リスクヘッジを!

 

次に伝えたいのは、危ない道へ進むときは命綱をつけるなり、地図を持つなりはするべきということです。

 

危ないところへ行くとしても、”危ないことをする”それ自体に価値があるのではなくて、危なそうに見えて誰も近づかないけれど美味しいところを見つけることに意味があります。

 

たとえば「休学」というリスクヘッジがあります。

 

卒業していきなり、リスクの高いところにいくよりも、「あれはあくまで経験のためにやってみただけだよ」とドヤ顔で戻ってこれる場所があるほうが、よりハイリスクなことができるんじゃないかなと思います。落ちるんじゃないかと心配して中途半端に高いところに上って終わるんじゃなくて、命綱はあるからとてっぺんを目指せる方がより他の人には体験できないような貴重な時間がすごせるんじゃないかと思いますし、命綱を何にするかは人それぞれですが、私の場合は「休学」がそれでした。

 

たとえば、地域で活動をするのであれば、地域おこし協力隊という総務省の制度を利用するのもひとつの手です。年間200万の給与と公務員(特別臨時)という立場が有期で与えられます。

 

リスクを取る姿勢で仲間・応援者を増やす!

 

最後に伝えたいのが、これです。

 

私は「早稲田大学 新卒」を瀬戸内の離島の小さなNPOに使うというやり方で、”リスクをとり”、多くの人に応援してもらいました。

 

早稲田大学出たのに、こんな田舎に」「いい大学出たのに、こんな島でいいのか」等いろいろと地域の方には心配をして頂きました。いわゆるいい大学を出たことで、いわゆるいい会社に就職していれば、得られなかっただろう応援者を得ることができたのは、後になってみてよくよく感じましたが、本当に私にとって宝物のような貴重な経験です。

 

NPOで雇用されている私の扱いを案じて、組織外部のいろんな人が私の雇用主に「給与ちゃんと払ってあげてね」「これくらいはあげないとかわいそうだよ」と言ってくれました。都会だったら、大手企業だったら、こんなことを言ってくれる人はいないなあと本当に思います。お金で計れないようないろんな素敵なこと、ものもいっぱい頂きました。

 

早稲田卒に相応ではないと思われるようなポジションであればあるほど、こちらの熱意さえ伝われば、多くの人が応援してくれるんだなと身をもって分かりました。

 

応援してくれるのに大事なのは学歴だけでないのは、重々承知していますが、私の新卒の使い方が応援に大きく影響したと認識しています。

 

うまく伝わるようにかけたか自信がない部分もありますが、私が伝えたかったのは、

一般的な評価軸では、「”いわゆる”いい学校・早稲田大学」に入学or卒業できているので、次のステップは自分の評価軸でいう「いい仕事」「やりたい仕事」について欲しいなあということです。

 

いい大学いい大学となんども書いたので、学歴主義みたいに届いてしまっていないといいなあと少し心配ですが、ぜひ早稲田の後輩は世間やいわゆるではなくて、自分自信の評価できる・評価したい方向へ進んでほしいなと思います😊

 

 2017年3月早稲田大学商学部卒業生

 

 

【海外留学もいいけれど。日本の離島中山間での学びのススメ】課題先進国の最先端で、課題の現場を見ることについて。

 

 

留学から帰国して、離島へ。

 

日本にはいろんな課題がありますが、少子高齢化についても、働く現場の人手不足についても、日本は世界的な課題先進国です。中でも最先端をいくのが離島中山間です。
 
学生時代、私は、《日本で、「職人」「専門職」へ評価があまりに過少である》という仮説と《それはなぜか、そして、どうすればそれを改善できるんだろう》という問いを持って、クラフトマンシップ整うドイツと世界的な学歴社会の韓国へ留学に行きましたが、その留学を終えて、東京から向かったのは大崎上島という広島県の離島でした。
 

詳しくは、過去のブログ記事に譲ります。

gozetea.hatenablog.com


 
大崎上島に限らずですが、日本は、特に離島中山間は取り組むべき課題にあふれていて、世界でも最先端です。

 

 離島へ留学から帰国した友人たちを呼んでみたら...。


留学したドイツや韓国よりも大崎上島でこそ、解決策は見つけられると私は思い、留学時代の仲間を呼び、2年前の2015年秋に大崎上島町の基幹産業の1つ「造船」をテーマにして、『造船の島のアイデアソン』を、造船業界をはじめとする地域の皆様の協力をいただき、企画運営しました。
 

tobitate-student.com

 

国際的な視野で地域の課題を考える。

 

そんな感覚で、大崎上島が何県なのかも知らずに、テーマが造船であることも当日知るような気軽な気持ちで留学から帰ったみんなは大崎上島へ来てくれ、地元の高校生や商船高専の学生たちとチームを組み、建築学部、経済学部、医学部それぞれの専門性をうまく組み合わせながら、2日間という短い時間で面白い提案をいっぱいしてくれました。

f:id:goze_tea:20151017114842j:plain

造船の島のアイデアソン2015の様子

 
課題先進地であることの他にここ大崎上島の面白さ・魅力は、地域の熱量です。

 

課題あふれる大崎上島には、その課題を笑い飛ばしながらカバーし合う地域の力と、地域のためならとひと肌でもふた肌でも脱いでくれる住人たちの熱量があります。

 
そんな大崎上島でのアイデアソンでは、発表したアイデアがアイデアで終わりません。

 

 もちろん陳腐なアイデアの提案をしたら、相手にされませんが、素敵なアイデアであれば、地域の課題を解決するようなポテンシャルを感じられるようなアイデアであれば、その後そのアイデア自体が事業化したりします。 

f:id:goze_tea:20171105052617j:plain

小さく事業化したことの一つが、こちら島の仕事図鑑基幹産業編です。取材は地域の高校生、デザインは島に住むデザイナーさんです。

なによりもこのイベント自体が1人の大学生の友人を呼んだイベントから、1つの事業になったことがそれを物語っています。
 
留学を終え、大学を一時休学して、一年間の地域おこし協力隊の任期中にプライベートで開催した「造船の島のアイデアソン」が翌年度、地方創生加速化交付金事業として事業化し、「島のアイデアソン」シリーズ化し、福祉編、農業編と業種の横展開されるくらいなんです。
 
東京や大阪にいる人、広島県にいる人ですら、「どこかの島の小さなイベント」にしか聞こえないかもしれませんが、ここには課題の最先端と地域の熱量があります! 

f:id:goze_tea:20171105052509j:plain

大崎上島町広報より。

ぜひ、一度課題の現場へ来てみてください!

 

今月、島のアイデアソンの農協編が開催されます。

 

「島のアイデアソン」も足掛け2年で今月が4回目です。口コミやリピーター参加でほとんど埋まってしまいましたが、あと少し参加の枠があります。ちょっとした気持ちでも、農業に関心がなくても、大崎上島の場所がいまはわからなくても構いません。

 

課題の最先端と地域の熱量を感じたい方はぜひご参加ください。

f:id:goze_tea:20170910152006j:plain

島のアイデアソン 福祉編 2017

瀬戸内の島のゆったりした環境の中で、熱い農家さんたちと様々な場所からくる参加者たちと一緒に2日間を形創る中でいろんな気づきがあると思います。

f:id:goze_tea:20170202222737j:plain

お隣の農家さんにいただいた大根。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大崎上島町主催
島のアイデアソン 農業編
------------------------------------------------------------------------------------
 
11月18日土曜日〜19日日曜日
 (17日金曜日はエクスカーション)
 
▼0日目:島について知る
島の日本一を巡る&参加者同士の懇親会
 
▼1日目:島の農業について知る
島の農業を知る(家族経営から農事組合法人まで、野菜から柑橘まで、路地からハウス栽培まで幅広く知れます)&農業青年クラブによる懇親会&民泊
 
▼2日目:どうすれば農業の魅力が伝わるのか考える
チームでの作戦会議&発表&若手農家による審査&町役場の方から表彰
 
参加費:学生無料(プログラム費、宿泊費、町内移動費、保険料など)
※現地までの往復旅費と食費は自己負担です。
  《初回の企画までの流れ》「造船の島のアイディアソン」 瀬戸内海の離島に、トビタテ生が集まった3日間。 | トビタテジャーナル《過去のアイデアソンの様子》www.youtube.com《申し込みフォーム》
 大崎上島町主催「農業の島のアイデアソン」申し込みフォーム 【11月10日金曜日締め】
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

f:id:goze_tea:20170129150351j:plain

島の朝焼け。


【貨幣経済の外での生活の言語化】柑橘の大トロ「せとか」を贈ってみて。

最近はじめた贈り物

このブログへのアクセスの際の検索ワードNo.1が”留学”。

主なアクセス先はこの2つ。

これと

これ。

 

トビタテ!留学JAPANへの応募の経緯や選考の際のポイント(だいぶ古い情報ですが)について書いた記事。

2014年に書いた記事なのに未だ見てくれる人がとても多くて、まとめておいたおかげで私自身も留学から帰って時間が経ちますが、留学前の気持ちを思い出すいいきっかけができた。

帰国後もいろいろとトビタテの事務局の方々にはお世話になりっぱなしで、仕事も落ち着いてきたし、何かいま活動をしている島の幸を贈りたいなと思い立ち、2月ならせとかだ!と柑橘の大トロやみかんの女王と呼ばれるせとかを送らせてもらった。

 

贈ってのリアクション

 

f:id:goze_tea:20170220233104j:plain

 みなさんで写真を撮ってくれた。

贈り物として送ったのに、「購入したいです!」と連絡をもらって、その後4人の方にご家庭用にご購入をして頂いた。

 

貨幣経済の外での生活の言語化

都会と田舎にはいろんな違いがあって、大学で東京、休学中から新卒就職(?)で離島にいると日々大きな違いをいっぱい体感してる。 

交通の便についてのことから、特定社会と不特定(匿名)社会の違いだったり、経済のまわり方の違いだったり…。

 

今回、せとかを贈ったことが、贈った以上のせとかを買ってもらうきっかけになったという出来事で体感したのは、「田舎って貨幣経済じゃないんだなあ」ということ。お金を払ってるんだから、で回る経済は匿名社会(都会)、お金を払えばいいと思うなよ、という気持ちを共有している社会は、経済は貨幣だけでは回せない。

 

頑張って言語化したかったけど、まだちょっと難しい。

今度改めて、書こう。